このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年(SE職)中途入社

篠田 充司

システム開発部 開発五グループ 担当課長
中途でセイノー情報サービスへ入社。
現在は担当課長としてグループのマネージメント業務を担う。
システム開発部 開発五グループ 担当課長/篠田 充司

社会インフラを担う重要度の高い仕事が出来る

物流といった社会インフラとしての重要性が高いシステムをクラウドサービスとして提供している会社であるということが最も魅かれたポイントです。
今後生き残っていく企業は、付加価値の高い自社サービスを提供している必要があると考えていましたので、そういった条件に合致したのが最大の理由です。
積極的に新しい事にチャレンジ出来る環境

積極的に新しい事にチャレンジ出来る環境

私はシステム開発部に所属しています。弊部のミッションとしては、要件定義からリリースまでのシステム開発一連の業務を担当します。
セイノー情報サービスではオフショアを積極的に活用することにチャレンジしていますので、海外メンバーとのやりとりが多く発生します。近年では、基本設計フェイズの一部をオフショアにて開発できないかといったことにチャレンジしています。

お客様の本質課題に向き合う面白さ

お客様からよく「xxxをできるようにしたい」といったようなご要望をいただいたりするのですが、ご要望内容が手段に偏ったものになりがちです。(システム開発あるあるですが)
そういったご要望が、何を実現するための手段として挙げていただいているのかをヒアリングし、自分で充分に理解することが大事だと思っています。その上で、より良い代替手段をご提案させていただいた上で採用いただいたときは、うまくやれた!と感じます。

幅広い顧客の課題解決が出来る

弊社は西濃運輸様のシステムを中心に開発を行っていた会社から、色々なお客様のサービス/システムを提供させていただくような会社へと変化してきている会社です。また、会社として新しいサービスや新しいプロジェクト運営に理解を示していただける土壌があると思っています。
もし運送業界に多少なりとも興味があるようでしたら、弊社は魅力的な会社かと思います。ぜひ一緒に仕事しましよう!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

プロジェクトマネージャ(オープン・WEB系)に関連する求人票を見る